読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアリティは突き詰めればつきつめるほど、自分にやさしい

不登校してよかった。 そう思える人生にするために、今の自分の現実を突き詰める。その先には、やさしい世界が開けると、確信しています。

子どもの行動を見てイヤ〜な気持ちがしたら、それチャンスです!

子どもの言葉や、行動で、 なんかイヤな感じがする、、、、 という経験、ないですか? まぁ、絶対にありますよね。 子育てしてれば、子どもの言葉や行動にイライラさせられるし、傷つけられるのは避けられないです。 そうなんだよなぁ 子どもを産むこととか…

世のイクメン諸君へ、、、、自分の本当の声聞いてあげてますか?

今朝、我が家の庭に来た来訪者の足跡。 たぬきかな?キツネかな? 夜のうちに、このあたりを動物たちがうごめいている印が、朝まで残っている。 なんとも心が豊かになります。 子どもたちも、毎朝足跡見つけては「きゃあきゃあ!」うるさく、感動してます。 …

役に立たないからこそ、愛したい

盲腸、、、切除しましたか? 虫垂とも言う臓器ですよね。 全く役に立ってない臓器と言われていましたよね。 盲腸炎になるから、むしろ取ってしまった方が良い臓器、と言われてきたし、そう信じられてきたけど、新しい研究の結果、どうやら盲腸も役に立ってい…

人生とはつまるところ、壮大なギャグだ。〜無価値感逃避ゲームはやめよう〜

イライラすることとか、 落ち込むこと。 生きてると必ずあると思います。 それで、その嫌な感情が生まれる時、 それって、ほぼ確実に、 無価値感 につながってます。 例えば僕の場合、 家事をちゃんとできてない時に、嫁が怒ってくる時とか、すごく嫌でイラ…

エロい自分に気づいた、と嫁に告白した結果。

前回の続きです。 札幌での岡田さんのセミナーに出たことで、エロい自分 に気づいた僕は、そんな自分の心の声を嫁にぶつけてみたい! という衝動に駆られて、その勢いで、嫁に話したのですが、、、、 2ヶ月経った今、、、、 思い出せん! とりあえず、 「や…

おれ、、、、めっちゃエ○い。

先日、札幌でセミナーに参加してきました。 「自分が自分のセラピスト講座」 というセミナーで、講師は岡田さん、という方です。 岡田さんの奥さんは「子宮委員長はるちゃん」という、まぁぶっ飛んだ方です。 どのくらいぶっ飛んでるかというと、 はるちゃん…

朝起きたら、テーブルに「死ね」と殴り書きされた書き置きがあった件

僕は嫁が大好きです。 ですが、そんな想いも虚しく、嫁からものすごく怒られることがあります。 罵られます。 そんな國井家劇場を、今日はひとつご披露します。 先日朝起きてリビングに行くと、テーブルにメモ書きがあり、 「死ね」 と殴り書きされてました…

この自分で生きていこう。そう思えるようになる方法。

自分でいい。 この自分で生きていこう。 そう思えた時ってあったかなぁ、と振り返ってみる。 、、、、無かったなぁ。。。 思えない。 自分は、記憶力が悪いから、メモも溜まり放題。 言われたことをやろうとして、次の依頼があると、前のことは完全に忘れて…

ブログを書けなかった最大の理由を暴露ります。

ブログをしばらく書けていなかったのですが、ようやく正直にその理由を書くことができる気持ちになったので、それを今日は書きます。 なぜブログを書けなかったかというと、、、、 書こうとすると、 自分の優越コンプレックスと向き合いたくなかったからです…

子どもはお手伝いが好きなわけではない。『大人を喜ばせる』ことが好きなのである。

我が家の8歳と5歳の娘は、お手伝いが大好きです。 料理、洗濯、片付け。 なんでも大好きです。 その姿を見ていたので、 「子どもは本来的にはお手伝いが好きなのではないか」 と、感じていました。 でも、そう思いながら言葉にしてみると、やっぱり自分の中…

フウフカイギ議事録 vol.2 〜〜「自分時間」と「他人時間」〜〜

「自分時間」と「他人時間」どちらの時間で、今、生きてますか?これは、仕事をしている時でも、家族と過ごしている時でも、家で一人でいる時でも、どんな時でも、「自分時間」 と 「他人時間」どちらかの時間を生きていると捉えられる、ということです。ど…

「嫁に好かれたいから」ではなく、「自分がやりたいから」で洞爺湖への移住を決めた件 〜「他人評価の世界」から「自分で決める世界」へ〜

先日、気付いてしまった。世界は二つある。ひとつは、「他人評価」の世界。もうひとつは、「自分が決める」世界。僕は小さい頃から他人から好かれている時や、他人から良い評価を得られている時は、安心できていました。逆に、悪い評価を得たり、怒られたり…

居場所とはなにか。~生きづらさをやさしさに変える~

僕は障がい福祉の現場で働いてますが、勤めている法人で隔週で機関紙を発行してます。 そこに連載を書いていて、最近書いた記事をブログにもあげてみます。 居場所、ということについて最近考えています。 居場所とはなんだろう。 学校という場から居場所を…

東日本震災。あの時僕らは救いを求めて「他者貢献」させてもらいに、こぞって現地へ向かった。

困っている人が目の前にいる。そんな時、思わず手を貸すことが「できる」時もありますし、無視して、その場を通り過ぎることもあると思います。そして、手を貸すことができた時の方が、やっぱり後味が良いし、気持ちもすごく楽になる。そうなんです。どんな…

人の期待に応えて生きていると、嫁から嫌われる

僕は、人の目を気にして生きてきました。35歳になって、人の目を大分気にしなくなってきたのですが、それでも、人の期待に応えようとしてしまうことが結構あります。人から好かれようとしてしまう、ということです。それに対して、今日読んでいた本のなかに…

フウフカイギ議事録 Vol.1 〜ファッションとは自己肯定ではなく、自己受容である〜 「自分らしさ」と「不登校」に関する考察

仕事から帰って、夕飯を食べ、子どもたちを寝かせてから、洗濯や後片付けなどをし、0歳児を抱っこしながら妻といろいろと会議をする、というのが、ここ半年くらいの定番です。障害福祉の仕事で、夜勤も週1、2回あるので、その日はできませんが、それ以外の日…

若者よ。「自分マスター」にジョブチェンジしよう。〜N高等学校について語る〜

最近、書きたいことがありすぎるのですが、書く時間が取れないため、なかなか投稿できずにいます。アウトプットできず、糞詰まり状態ですが、しっかりインプットして、自分の中で消化して化学反応できてる状態のような気がするので、心持ちは良いです。今日…

「信念」とは。 僕が考える信念の意味。

信念という言葉の意味を調べてみると、 「正しいと信じる自分の考え」 と、あります。 揺るぎない、自分の考え。 疑いを持たない。 なんかも書いてありました。 これだと、ちょっと、誤解を感じるというか、 正しいと感じていて、間違っていても、それを崩…

信頼と信用の違い

今日は、喜茂別神社という所で、動画配信コンテンツの『B-tv』の撮影をしました。ぼくが最近考えていること、それの本気をフルで出させてもらって、さらに過去の恥ずかしい恋愛話をなぜだか披露し、今の妻が大好きだと叫んでみたり、若干カオスでした。これ…

否定でもなく、肯定でもなく、受け容れるということ

今日から新学期を迎える人も多いと思います。 前回のブログで、18歳以下の自殺者数が、夏休み明けの9月1日に集中している、ということを書きました。 9.1自殺(夏休み明け自殺)を、1人でも少なくする! - リアリティは突き詰めればつきつめるほどやさしいku…

9.1自殺(夏休み明け自殺)を、1人でも少なくする!

不登校新聞というものをとっているのですが、平成26年の自殺の統計について書かれていて、衝撃的な内容があったので、書きたいと思います。 内閣府が過去40年間の累計日別自殺者数を独自集計しています。その中で、18歳以下の子どもの自殺は、4月や、9月…

育休とは、家族の再構築でした。我が家の事例。

ブログを始めたのが、今年の3月21日でした。その時は、ロリポタッチというブログサービスを利用していまして、その後、5月に入ってから、はてなブログも利用し始め、ロリポタッチと、はてなブログを併用してきましたが、ロリポタッチが7月末で終わる、という…

過去ブログ27  嫁、出産に伴い、主夫生活へ突入、、、してました

4月18日(土)14:15に第3子が生まれました。 初の男の子。 自宅出産でした。 産気づいたことがわかってから、娘2人と円陣を組んで、 「これから、おっかー、がんばって赤ちゃん産むから、みんなで協力して、応援しよう。」 と話をして、出産に備えました。 7…

「育休とは◯◯◯◯である」 2ヶ月の育休期間を振り返る

第3子が生まれてすぐに、4月の20日から、6月の20日までの2ヶ月間、育休をとっていました。福祉事業をしているNPO法人で2ヶ月の育休は本当にすごいと思います。法人の理事長や、上司に感謝です。では、2ヶ月の育休を振り返り、僕にとって育休ってなんだったの…

最も責任ある行動は、「やりたいことをやることだ」

今回のブログの題名の、最も責任ある行動は、「やりたいことをやることだ」という言葉に僕がはじめて出会ったのは、ちょうど2年ほど前でした。これは、「ソース」という本に書かれていました。僕が洞爺湖に移り住むことを決心し、大好きだった仕事も辞め、新…

広報誌で連載している記事を、このブログにもアップします。

僕は、障害者福祉のNPO法人で仕事をしています。 その法人では、隔月(奇数月)で広報紙を発行しています。 その広報紙に今年の1月から連載を書かせていただいています。 編集をしている方が、思いつきで提案してくれたのですが、僕としては文章を必然的に…