自分に自信がない人が、人生初の高額契約を獲得できるブログ~ セールスマインドコーチ くにい かつひろ

自分に自信がない。強く提案できない・・・とお悩みの方へ ビジネス未経験の状態から、わずか2週間で66万の契約を獲得できた! 苦手意識やマイナス感情も受け入れて、お金のブロックを自然に解き放てる方法や、人生初の高額契約を2週間で獲得できるセールスブロック解放の方法をお伝えします。

未来の展望

信頼と信用の違い

今日は、喜茂別神社という所で、動画配信コンテンツの『B-tv』の撮影をしました。ぼくが最近考えていること、それの本気をフルで出させてもらって、さらに過去の恥ずかしい恋愛話をなぜだか披露し、今の妻が大好きだと叫んでみたり、若干カオスでした。これ…

自殺予防の権威に会ってきました。

先週木曜日に、河西千秋先生という方の研修会に参加してきました。河西先生は、日本うつ病学会自殺対策委員会委員長をしていて、国際自殺予防学会の日本代表の方です。要するに、日本の自殺予防は、この人に聞け!という感じの人です。日本の中で自殺に関す…

否定でもなく、肯定でもなく、受け容れるということ

今日から新学期を迎える人も多いと思います。 前回のブログで、18歳以下の自殺者数が、夏休み明けの9月1日に集中している、ということを書きました。 9.1自殺(夏休み明け自殺)を、1人でも少なくする! - リアリティは突き詰めればつきつめるほどやさしいku…

9.1自殺(夏休み明け自殺)を、1人でも少なくする!

不登校新聞というものをとっているのですが、平成26年の自殺の統計について書かれていて、衝撃的な内容があったので、書きたいと思います。 内閣府が過去40年間の累計日別自殺者数を独自集計しています。その中で、18歳以下の子どもの自殺は、4月や、9月…

育休とは、家族の再構築でした。我が家の事例。

ブログを始めたのが、今年の3月21日でした。その時は、ロリポタッチというブログサービスを利用していまして、その後、5月に入ってから、はてなブログも利用し始め、ロリポタッチと、はてなブログを併用してきましたが、ロリポタッチが7月末で終わる、という…

過去ブログ28  子どもを見くびってはいけません

僕は幼稚園、小学生の頃から、高校を卒業するまで一貫して、「國井くんはやさしい」と言われ続けていました。 この評価は実は、「意図して獲得した」ものでした。 僕は、なぜか物心ついた頃から、自分が他者からどう思われているか、ということに非常に敏感…

過去ブログ27  嫁、出産に伴い、主夫生活へ突入、、、してました

4月18日(土)14:15に第3子が生まれました。 初の男の子。 自宅出産でした。 産気づいたことがわかってから、娘2人と円陣を組んで、 「これから、おっかー、がんばって赤ちゃん産むから、みんなで協力して、応援しよう。」 と話をして、出産に備えました。 7…

過去ブログ26  「子どもが死ぬかもしれない」と想像してみる、、、というスキル

昨日、「アドバイスをしない」ということの難しさと必要性について書きました。 今日は、どうすればアドバイスをしないでいられるかということを書こうと思います。 これは、不登校の子どもに対してだけでなくて、子ども一般や家族関係や夫婦関係などのパー…

過去ブログ25  アドバイスしない というスキル

昨日のブログで「不登校児の親は、不登校をしてる子どもに適切に関われるスキルを学ぶ必要がある」と書きました。 そこで、今日は、そのスキルをひとつ紹介します。 それは、「アドバイスをしない」というものです。 アドバイスをしない、ということがスキル…

過去ブログ24  不登校の子が現実と向き合うために必要な第一歩とは

不登校の子どもが現実と向き合い、それを直視して歩み始める、というのは、とても難しいことです。 現実の自分より高いところに自分を置いて誇大妄想のようになったりします。 逆に自分を卑下してしまい、なにもできなくなる、ということもあります。 でも、…

過去ブログ23  不登校の人がどんな恐怖を感じているか

僕は、「不登校新聞」 というものをとっています。不登校当事者が作っているもので、樹木希林さんとか、ジョジョの奇妙な物語の荒木飛呂彦さんのインタビューを掲載していたりと、とてもおもしろいです。 その中に、元ひきこもりの方の記事が掲載されていた…

過去ブログ22  不登校児たちが新たな世界を作る。 その形を模索する会。

不登校児たちが新たな世界を作る。 その形を模索する会。 ブログ開設から3週間を経過しました。 不登校ゆえに幸せになれる、ということを提案したくて、みんなに実感してもらいたい、という気持ちが強くなっています。 その上で、いろんな人と話がしたくて、…

過去ブログ18 貢献感

昨日、食事中に面白いエピソードがあったので、紹介します。下の娘がかなりやさぐれた状態になり、ひどく荒れ模様でした。かなりイライラしており、今にも何かを破壊しかねないような攻撃性を見せていました。ごはんを海苔につけ、巻いて醤油につけて、とい…

過去ブログ17 リトマス試験紙、3つ目

今日が最後のリトマス試験紙の話です。それは、「存在(being)」と「行為(doing)」のチェックです。子どものことを叱る時、例えば、友達のことを叩いてしまった時に、「叩いてはダメだよ!」という言葉かけは「行為(doing)」に対しておこなっています。…

過去ブログ16 不登校や引きこもりから幸せに向かうための道しるべキット、リトマス試験紙②

リトマス試験紙の二つ目は、「自分の課題」なのか「他者の課題」なのか、というチェックです。例えば、子どもが宿題をしない、という課題。この状況の最終的責任を誰が負わなくてはいけないのか、あるいは、最終的な結末を引き受けるのは誰なのか、それを考…

「育休とは◯◯◯◯である」 2ヶ月の育休期間を振り返る

第3子が生まれてすぐに、4月の20日から、6月の20日までの2ヶ月間、育休をとっていました。福祉事業をしているNPO法人で2ヶ月の育休は本当にすごいと思います。法人の理事長や、上司に感謝です。では、2ヶ月の育休を振り返り、僕にとって育休ってなんだったの…

僕は今も不登校。 自分に、日々どんな言葉を投げかけているか。。。

1週間ブログを書けずにいました。何が原因かはわからないのですが、急激に動きが止まってしまい、メールもろくに返せなくなって、メールの返信を待っていた方、ご迷惑をおかけしました。こんな感じで、よく社会生活を送れているな、というか、みなさんが僕の…

近況 & 日本の自殺が多い理由を僕なりに考えてみた。

6月の記事、5つしかできてない。。。。でも、Blog以外では、いろいろとつながりも広がったり、ブログをすごく褒めてくれる人にたくさん出会えたりと、進んでいるかんじはあります。さて、とりあえず、ここのところ10日間くらいの近況ですが、・育休が終了・…

不登校がチャンス、という6つの理由

前回のブログで、不登校がチャンスになる理由を一つあげたけれども、他にも理由が思いつく限りあげてみよう。② 自分の弱さと向き合える これはいい。不登校なんて、自分に弱さを突きつけるようなものですからね。真の自分と向き合わざるを得ない。こんな厳し…

やりたいことをやる。ことの厳しさ。

昨日のブログで、やりたいことをやることが最も責任ある行動だ、ということを書きました。それについて、また違った側面から今日は書いてみたいと思います。責任には、二つの側面があるそうです。結果責任と遂行責任です。両者とも読んで字の如しで、結果責…

最も責任ある行動は、「やりたいことをやることだ」

今回のブログの題名の、最も責任ある行動は、「やりたいことをやることだ」という言葉に僕がはじめて出会ったのは、ちょうど2年ほど前でした。これは、「ソース」という本に書かれていました。僕が洞爺湖に移り住むことを決心し、大好きだった仕事も辞め、新…

職場の広報誌の連載第3弾です。

逆襲の福祉 3 第一回目の逆襲のフクシで20年後の福祉ということをテーマにして、「相互多重型支援」「ケアの本質」「アドラー心理学」「福祉以外の専門家とコラボ」「他専門職の人材を福祉へ」「福祉とアート」「突き詰めたリアリティ」がキーポイントになる…

連載の第2弾です。

國井一宏の「僕にとっての福祉」連載2 逆襲のフクシ ―――その2『福祉とは』~社会福祉を「窮屈」と感じる感性を~ 連載のテーマである、「僕にとっての福祉」について、今回は書いてみます。前号の「20年後を見据える」にも通じますので、よろしくお願いし…

広報誌で連載している記事を、このブログにもアップします。

僕は、障害者福祉のNPO法人で仕事をしています。 その法人では、隔月(奇数月)で広報紙を発行しています。 その広報紙に今年の1月から連載を書かせていただいています。 編集をしている方が、思いつきで提案してくれたのですが、僕としては文章を必然的に…

不登校、ひきこもりを活かして、フツーのしあわせを突き詰める

しあわせとは何だろうと考えてみる。 「星の王子さま」の中で、「全てに責任を負えることが本当のしあわせ」とある。 王子様。深い。 深いよ。 個人的に最も好きなしあわせの定義なんですが、実用性に欠けるので、もうちょっとシンプルに考えてみる。 それは…

おもしろいこと。人が内発的に動くには、これしかない気がする。

「なんか楽しそう!」 そう思うものに、僕らは惹きつけられると思います。人はその楽しさというものに吸い寄せられていく。 僕がこのブログを通して変えていきたいことは、 若者の死因第1位「自殺」を第2位に引き摺り下ろすことです。 あと、不登校だとか、…

「あなたと居れてうれしいです」スキル、第2弾

「あなたと一緒に居れてうれしいです」スキルについてもっと書きたいので、第2弾。 この略して「あいうれスキル」ですが、 1、 相手を選ぶ 2、 時間限定になる この2点の要素があり、それに自覚的である必要があると思います。 1、 相手を選ぶ これは、誰に…

主婦の偉大さをみんなわかっているか

4月の18日に第3子が生まれました。 その日から、2ヶ月の育休を取得し、現在主夫生活を満喫中です。 満喫、というのは正確な表現ではないですね。 悪戦苦闘です。 世の中の主婦達が神に感じられてきました。 僕の1日のスケジュールは 6:00 起床 娘の弁当と、…

今の自分は、なぜこんな自分なのか

ある時、ハッと気づいたことがありました。それは、「今やっていること。この積み重ねの先に未来の自分がいる」ということでした。・・・・・あたりまえだ。でも、急に気づいてびっくりしました。違う視点から見ると、今の自分は、今までしてきたことの延長…