自分に自信がない人が、人生初の高額契約を獲得できるブログ~ セールスマインドコーチ くにい かつひろ

自分に自信がない。強く提案できない・・・とお悩みの方へ ビジネス未経験の状態から、わずか2週間で66万の契約を獲得できた! 苦手意識やマイナス感情も受け入れて、お金のブロックを自然に解き放てる方法や、人生初の高額契約を2週間で獲得できるセールスブロック解放の方法をお伝えします。

東日本震災。あの時僕らは救いを求めて「他者貢献」させてもらいに、こぞって現地へ向かった。

困っている人が目の前にいる。そんな時、思わず手を貸すことが「できる」時もありますし、無視して、その場を通り過ぎることもあると思います。そして、手を貸すことができた時の方が、やっぱり後味が良いし、気持ちもすごく楽になる。そうなんです。どんな…

人の期待に応えて生きていると、嫁から嫌われる

僕は、人の目を気にして生きてきました。35歳になって、人の目を大分気にしなくなってきたのですが、それでも、人の期待に応えようとしてしまうことが結構あります。人から好かれようとしてしまう、ということです。それに対して、今日読んでいた本のなかに…

フウフカイギ議事録 Vol.1 〜ファッションとは自己肯定ではなく、自己受容である〜 「自分らしさ」と「不登校」に関する考察

仕事から帰って、夕飯を食べ、子どもたちを寝かせてから、洗濯や後片付けなどをし、0歳児を抱っこしながら妻といろいろと会議をする、というのが、ここ半年くらいの定番です。障害福祉の仕事で、夜勤も週1、2回あるので、その日はできませんが、それ以外の日…

若者よ。「自分マスター」にジョブチェンジしよう。〜N高等学校について語る〜

最近、書きたいことがありすぎるのですが、書く時間が取れないため、なかなか投稿できずにいます。アウトプットできず、糞詰まり状態ですが、しっかりインプットして、自分の中で消化して化学反応できてる状態のような気がするので、心持ちは良いです。今日…

「信念」とは。 僕が考える信念の意味。

信念という言葉の意味を調べてみると、 「正しいと信じる自分の考え」 と、あります。 揺るぎない、自分の考え。 疑いを持たない。 なんかも書いてありました。 これだと、ちょっと、誤解を感じるというか、 正しいと感じていて、間違っていても、それを崩…

不登校という爆発力の事例 シールズ奥田愛基さん

我が家にはテレビがないため、今の話題に疎いところがあります。若者の学生運動のシールズも、友達がフェイスブックで取り上げている内容の断片しか知らなくて全然わからなかったのですが、そのシールズの中心メンバーの奥田愛基(あき)さん。僕が大尊敬し…

信頼と信用の違い

今日は、喜茂別神社という所で、動画配信コンテンツの『B-tv』の撮影をしました。ぼくが最近考えていること、それの本気をフルで出させてもらって、さらに過去の恥ずかしい恋愛話をなぜだか披露し、今の妻が大好きだと叫んでみたり、若干カオスでした。これ…

自殺予防の権威に会ってきました。

先週木曜日に、河西千秋先生という方の研修会に参加してきました。河西先生は、日本うつ病学会自殺対策委員会委員長をしていて、国際自殺予防学会の日本代表の方です。要するに、日本の自殺予防は、この人に聞け!という感じの人です。日本の中で自殺に関す…

否定でもなく、肯定でもなく、受け容れるということ

今日から新学期を迎える人も多いと思います。 前回のブログで、18歳以下の自殺者数が、夏休み明けの9月1日に集中している、ということを書きました。 9.1自殺(夏休み明け自殺)を、1人でも少なくする! - リアリティは突き詰めればつきつめるほどやさしいku…

9.1自殺(夏休み明け自殺)を、1人でも少なくする!

不登校新聞というものをとっているのですが、平成26年の自殺の統計について書かれていて、衝撃的な内容があったので、書きたいと思います。 内閣府が過去40年間の累計日別自殺者数を独自集計しています。その中で、18歳以下の子どもの自殺は、4月や、9月…

育休とは、家族の再構築でした。我が家の事例。

ブログを始めたのが、今年の3月21日でした。その時は、ロリポタッチというブログサービスを利用していまして、その後、5月に入ってから、はてなブログも利用し始め、ロリポタッチと、はてなブログを併用してきましたが、ロリポタッチが7月末で終わる、という…

過去ブログ28  子どもを見くびってはいけません

僕は幼稚園、小学生の頃から、高校を卒業するまで一貫して、「國井くんはやさしい」と言われ続けていました。 この評価は実は、「意図して獲得した」ものでした。 僕は、なぜか物心ついた頃から、自分が他者からどう思われているか、ということに非常に敏感…

過去ブログ27  嫁、出産に伴い、主夫生活へ突入、、、してました

4月18日(土)14:15に第3子が生まれました。 初の男の子。 自宅出産でした。 産気づいたことがわかってから、娘2人と円陣を組んで、 「これから、おっかー、がんばって赤ちゃん産むから、みんなで協力して、応援しよう。」 と話をして、出産に備えました。 7…

過去ブログ26  「子どもが死ぬかもしれない」と想像してみる、、、というスキル

昨日、「アドバイスをしない」ということの難しさと必要性について書きました。 今日は、どうすればアドバイスをしないでいられるかということを書こうと思います。 これは、不登校の子どもに対してだけでなくて、子ども一般や家族関係や夫婦関係などのパー…

過去ブログ25  アドバイスしない というスキル

昨日のブログで「不登校児の親は、不登校をしてる子どもに適切に関われるスキルを学ぶ必要がある」と書きました。 そこで、今日は、そのスキルをひとつ紹介します。 それは、「アドバイスをしない」というものです。 アドバイスをしない、ということがスキル…

過去ブログ24  不登校の子が現実と向き合うために必要な第一歩とは

不登校の子どもが現実と向き合い、それを直視して歩み始める、というのは、とても難しいことです。 現実の自分より高いところに自分を置いて誇大妄想のようになったりします。 逆に自分を卑下してしまい、なにもできなくなる、ということもあります。 でも、…

過去ブログ23  不登校の人がどんな恐怖を感じているか

僕は、「不登校新聞」 というものをとっています。不登校当事者が作っているもので、樹木希林さんとか、ジョジョの奇妙な物語の荒木飛呂彦さんのインタビューを掲載していたりと、とてもおもしろいです。 その中に、元ひきこもりの方の記事が掲載されていた…

過去ブログ22  不登校児たちが新たな世界を作る。 その形を模索する会。

不登校児たちが新たな世界を作る。 その形を模索する会。 ブログ開設から3週間を経過しました。 不登校ゆえに幸せになれる、ということを提案したくて、みんなに実感してもらいたい、という気持ちが強くなっています。 その上で、いろんな人と話がしたくて、…

過去ブログ21  娘の不登校理由

娘の不登校理由 長女は小学校1年の2学期から不登校になり、3学期に私立の学校へ転校しました。 いまや不登校の頃のことを思い出せないくらい元気になり、楽しそうに学校に通っていますが、当時はほんとうに辛そうでした。 その頃に、心配していた妻の母宛に…

過去ブログ20  不登校児の親へ

僕は不登校児であり、不登校児の親でもあります。 娘は小学校1年の2学期から学校に行かなくなりました。 自分が学校に行かなかったくせに、娘が行かなくなることがこれほど苦しいものだとは思っていなかったです。 なにが辛いかというと、娘が苦しそうだから…

過去ブログ19  不登校、ひきこもりの人たちを最も苦しめるのは誰か

不登校やひきこもりの人を最も苦しめているのは誰でしょうか。 大人でしょうか、先生でしょうか、上司でしょうか、会社でしょうか、国でしょうか、社会でしょうか、親でしょうか。 僕が一番だと思っているのは、「自分」です。 自分が一番自分のことを苦しめ…

過去ブログ18 貢献感

昨日、食事中に面白いエピソードがあったので、紹介します。下の娘がかなりやさぐれた状態になり、ひどく荒れ模様でした。かなりイライラしており、今にも何かを破壊しかねないような攻撃性を見せていました。ごはんを海苔につけ、巻いて醤油につけて、とい…

過去ブログ17 リトマス試験紙、3つ目

今日が最後のリトマス試験紙の話です。それは、「存在(being)」と「行為(doing)」のチェックです。子どものことを叱る時、例えば、友達のことを叩いてしまった時に、「叩いてはダメだよ!」という言葉かけは「行為(doing)」に対しておこなっています。…

過去ブログ16 不登校や引きこもりから幸せに向かうための道しるべキット、リトマス試験紙②

リトマス試験紙の二つ目は、「自分の課題」なのか「他者の課題」なのか、というチェックです。例えば、子どもが宿題をしない、という課題。この状況の最終的責任を誰が負わなくてはいけないのか、あるいは、最終的な結末を引き受けるのは誰なのか、それを考…

過去ブログ15  幸せに向かうための検査キット 二つのリトマス試験紙

幸せに向かうための検査キット 二つのリトマス試験紙 今日は、僕が考える二つのリトマス試験紙について書きます。リトマス試験紙は、酸性とアルカリ性を識別できるものですが、僕が考えるリトマス試験紙は幸せの方向なのか、不幸せの方向なのか、ということ…

過去ブログ14  挫折

挫折 今日は挫折について、書きます。挫折に関して思うことは、「ちゃんと挫折できているか」ということです。「真の挫折」と「中途半端な挫折」があると思います。というのも、全身全霊をかけてやって、それでもできなかった、という時にしか、真の挫折はで…

過去ブログ13  不登校、ひきこもりという状況を受け容れるには

不登校、ひきこもりという状況を受け容れるには。 今日は、おとといに書くと宣言していたことを書きます。どうすれば、不登校やひきこもりという状況を受け容れることができるか、ということです。それは・・・・うーん。。。。わかんない(笑)いや、すみませ…

過去ブログ12  なぜ不登校したほうがいいか

なぜ不登校したほうがいいか 昨日の続きで、なぜ不登校をしたほうが良いと思うのか、ということについて書きます。ひとつは、ドロップアウトをしておくと、人にやさしくなれる、ということです。僕は、北星余市高等学校という、高校に行きました。ヤンキー先…

過去ブログ11  不登校のゴールとは

不登校、ひきこもりという生活を送ることになった後の、目的地。目指す場所。 不登校、ひきこもりという状況になった後、どういう状態を目指せば良いのか。どういう形が目的地なのか。そのことについて僕が考えていることを今日は書こうと思います。「セック…

過去ブログ10  5、ワクワクすること

5、ワクワクすること 不登校の方、引きこもりの方、その家族にとってきっと指針になるであろうこと、並びに國井家家訓の5つの柱の最後5つ目は、ワクワクすること。です。僕は1年前に洞爺湖に引っ越してきました。やりがいのある仕事もやめ、新たな生活に移行…