読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアリティは突き詰めればつきつめるほど、自分にやさしい

不登校してよかった。 そう思える人生にするために、今の自分の現実を突き詰める。その先には、やさしい世界が開けると、確信しています。

過去ブログ27  嫁、出産に伴い、主夫生活へ突入、、、してました

ひきこもり 不登校 パートナーシップ・夫婦関係 子育て・育児 僕について 未来の展望

4月18日(土)14:15に第3子が生まれました。

 

初の男の子。

 

自宅出産でした。

 

産気づいたことがわかってから、娘2人と円陣を組んで、

 

「これから、おっかー、がんばって赤ちゃん産むから、みんなで協力して、応援しよう。」

 

と話をして、出産に備えました。

 

7歳と4歳の娘ですが、彼女らなりに、非常によくお手伝いをしてくれて、助かりました。

 

お茶を持ってきてくれたり、カーテンを閉めたり、タオルを持ってきてもらったり。

 

大活躍でした。

 

他者貢献全開でした。

 

娘たちにとっても、大きな経験だったと思います。

 

出産自体はとても安産で、

母子ともに、問題なく、健康にいっていることが何よりです。

 

それはいいのですが、

産後からが父親の本番といった感じで、

休む間も無く、家事と育児と嫁ケアに追われる日々で、ブログを更新できませんでした。

 

仕事に行っていた方がよほど楽(笑)

 

 

とにかく今日から、ようやくブログ執筆に復帰です。

 

 

明日は、自分の子ども時代について、少し振り返ってみよう。

 

「やさしい」と言われ続けた國井少年は、実はそれを「意識していた」「その手段を意図して使っていた」というかわいげナッシングな話を書いてみる。

 

ずっと公開せずにいた、自分の手の内を明かしてみる。

なぜそれを書くかというと、

 

・自分のリアリティを出した上で、みんなに僕のことを判断してもらいたい

 

ということと、

 

・子どもってかわいいだけでなく、こんなにずる賢く、したたかに生きている

 

ということを、自分の体験からあぶり出したい、と思ったからです。

 

大人は子どもを誤解している。

 

というかあなどっている。

 

いや、むしろ見くびっている。

 

 

子どもの方が、うわてな気がしてしまう。

 

 

では、また明日に。