読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントの自分と 生きてくブログ ~自己受容メソッド~ くにい かつひろ

子どもに本当の自己肯定感をつけさせたい。生きづらさを抱えている様々な人たちに本当の自己肯定感をつけてもらいたい。職場の部下の自己肯定感を高めて、やる気をもって仕事に取り組んでもらいたい。すべての人たちが、本来の活き活きとした自分の人生をスタートさせる方法『自己受容メソッド』。それを書き綴っています。『自己受容』をしていくと、人生にとんでもない革命が起こる。。。自分の奥底にある感情こそが、本来の自分の生き方への道しるべ。

フウフカイギ議事録 vol.2 〜〜「自分時間」と「他人時間」〜〜

f:id:kuniikatsuhiro921:20160528234658j:image

「自分時間」


「他人時間」

どちらの時間で、今、生きてますか?


これは、仕事をしている時でも、
家族と過ごしている時でも、
家で一人でいる時でも、

どんな時でも、

「自分時間」 と 「他人時間」

どちらかの時間を生きていると捉えられる、ということです。

どちらの時間ででも生きることができる、ということに今日、嫁と話していて気づきました。

僕は他人の目を気にして生きている時間が非常に長いので、

昨日なんかは、「ほぼ丸一日」が「他人時間」でした。

朝は、嫁が怒るだろうから、と勝手に決め付けて、早めに起きて、洗濯をする。(嫁は別に怒らないのに)

仕事をしてても、同僚や、上司が僕のことをどう見てるかな、ということを意識して、仕事を選んで行う。

家では、みんな寝静まっている中、ビールを飲みながらも、完全に一人なのにもかかわらず、メールやらを返さないとな〜、こんなダラダラ動画を見て過ごして何やってんだ、、、、、とか思いながら時間を過ごしている。

どれも、「他人時間」ですね。

「他人時間」で過ごしていると、すごく不自由です。

疲れます。

人のせいにします。

イライラします。

落ち込みます。

何もする気がおきなくなります。


でも、今日の後半は「自分時間」で過ごせました。


誰かに決められるのではなく、

誰かの目を、評価を気にするのでなく、

今日、嫁と話して気づけたことを、このブログに書きとめたかった。

今、こうやってブログを書いている時間は、まさに「自分時間」です。



ちなみに、「自分時間」と「他人時間」は僕が考えた言葉です!

なかなか、使い勝手良し!


そして、今日から、ブログの文字数、短めにしてみます。

長い時は6,000字くらいの時もあったので、

今後はこのくらいで、800字ほどにしてみようと思います。

ですが、やると宣言しちゃうと僕の場合、途端にやる気を無くす(義務感が出てくる)傾向にあるので、そんな風に書こうと、今は思ってます。と書いておきます。

今日も、読んでくださり、ありがとうございます。