読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアリティは突き詰めればつきつめるほど、自分にやさしい

不登校してよかった。 そう思える人生にするために、今の自分の現実を突き詰める。その先には、やさしい世界が開けると、確信しています。

エロい自分に気づいた、と嫁に告白した結果。

f:id:kuniikatsuhiro921:20161224113509j:image

前回の続きです。

札幌での岡田さんのセミナーに出たことで、
エロい自分

に気づいた僕は、そんな自分の心の声を嫁にぶつけてみたい!

という衝動に駆られて、その勢いで、嫁に話したのですが、、、、

 

2ヶ月経った今、、、、

 

思い出せん!

 

とりあえず、

「やばい、おれってすんごいエロい、ということに気づいてしまった。

正直、今の性生活には、大変不満があるということです。

だから、風俗でも、婚外恋愛でも、なんでもいいから、とにかく経験しつつ、自分にとっての満足行く性生活を見つけたい!!」

 

という内容のことを、嫁に対して力説していたように思います。

 

それに対し、嫁は、怒るどころか、、、

 

なるほど〜、と、感心

 

してました(笑)

 

 

やるなぁ。

 

助産師呼ばずに、家のお風呂で自力で子どもを産んでるしなぁ。

 

男前だわ。

 

で、、なんと、、

 

風俗に行くこととか、浮気すること、

というのが、謎に、

 

公認されてるようです。

 

新境地だね。

 

その後もいろいろありますが、

とにもかくにも、嫁とはすごく仲よしこよしになっていて、エロさに関しては、ちょっと満足してしまっています。

 

うん。すみません。

 

あれから仲良いんです。

 

実録!おっ○ブ潜入!

 

とかのブログもいつかは書きたいですけどね。

 

今回よかったのは、正直に自分の不満を伝えられたことだと思います。

 

自分の正直なエロさを、そのまま包み隠すことなく認めてしまう。

 

そして、今の不満を当人に話す。

 

その時点で自分の感情は大分満足します。

 

結果、望むことが起きずとも、自分の感情をちゃんと見てあげた、という感覚はある。

 

これが大変重要だと思います。

 

エロさを認めて、嫁に話せたことは、すごく自信に繋がりました。

 

自分のこと大切にできると、安心感が生まれて、元気になりますね。

 

これが自己受容だと思ってます。

 

 

ここで、ちょっと、冷静になって。

 

 

僕のブログも大分迷走してきた気がしてます。

 

当初は、不登校で地獄の底にいた自分が見たら元気になるような、そんな文章も目指したかったし、

 

子育てで苦労してるママやパパたちの心を軽くするようなことも描きたかったし、

 

僕が暴露する姿を見て、勇気をもらえる人が出てきたら嬉しいな、と思ったり、

 

嫁がぶっ飛んでるので、僕らのパートナーシップを書くだけで面白いだろうなとか、

 

とにかくいろいろ盛り込んでしまいました。

 

真面目に自殺について書いたり、

おっ○ブとか、ふざけたり、

おんなじブログにこんないろいろでいいのかな。

 

そこで、このあたりをちょっと整理しようかな、、、、と思いつきましたが、

 

 

あぁ、、、、、めんどいわ

 

 

 

、、、、よって、このまま突き進みます。

 

 

 

真面目モードな時も、

おふざけモードな時もありますが、

これからも、國井のブログ、よろしくお願いします。