ホントの自分と 生きてくブログ ~自己受容メソッド~ くにい かつひろ

子どもに本当の自己肯定感をつけさせたい。生きづらさを抱えている様々な人たちに本当の自己肯定感をつけてもらいたい。職場の部下の自己肯定感を高めて、やる気をもって仕事に取り組んでもらいたい。すべての人たちが、本来の活き活きとした自分の人生をスタートさせる方法『自己受容メソッド』。それを書き綴っています。『自己受容』をしていくと、人生にとんでもない革命が起こる。。。自分の奥底にある感情こそが、本来の自分の生き方への道しるべ。

感謝の前にキレるのススメ

 

f:id:kuniikatsuhiro921:20170813100005j:image

 

先ほど、ネットを見ていたら、

 

ブログを書いてる人のプロフィールで、

 

〜〜〜〜

 

親に愛されてなかった。。。

 

 でも、

 

親に感謝する。

 

とにかく感謝してみる。

 

そして、親孝行することで、

 

良い関係になってきた!

 

 

〜〜〜〜

 

 

こんな内容が書かれた

プロフィールを見つけました。

 

 これで良くなる人もいます。

 

でも、、、

 

この、とにかく感謝する言葉を言いまくる、、、、

 

 は

 

自己受容メソッド的には

 

オススメしません! 

 

最悪、

 

問題先延ばしするだけでなく、

 

もっともっと深い怒りを

心の中に育む可能性があります。

 

 

 

「子どもを愛してない親なんかいない」

 

「親はきっと愛してくれてたはずだよ。だから感謝しなきゃ。」

 

 

 

こんな言葉に

 

まどわされちゃいけません。

 

子どもを愛せない親はいない?

 

 

いますよ。

 

 

ぼくはたくさん会って来ました。

 

児童相談所

親と暮らせない子どもたちが暮らす

児童養護施設

働いてましたから。

 

大学時代は

児童福祉、虐待、心理などについて

 

たくさん本読みましたから。

 

そして、

 

その親御さんたちは

例外なく、

自分が子どもだった時代に感じていた

自分のホントのほんとの本当の気持ち。

 

 

それと向き合いきれない、

そういう深い深い苦しさを

持ってます。

 

だから、

 

自分の分身のような子どもと

向き合えないのです。

 

子どもを愛せないのではない。

 

子どもの頃の自分と向き合えないのです。

 

子どもの頃に、とても苦しんだのです。

 

悲しかったのです。

 

さみしかったのです。

 

その苦しさにフタをすることで、

 

 

今、ようやく、生きていられるのです。

 

なんとか生きてるのです。

 

だから、子どもと向き合えない。

 

そんなお母さん、お父さんに育てられたら、

 

子どもは、

愛されてると実感するの、

やっぱり難しいです。

 

子どもは愛されてると、感じられないのです。

 

愛されてたのか、愛されてなかったのか。

 

そんな事実探しはやめた方がいい。

 

愛されてないと感じて、とてもとても、悲しかった。。。。

 

 

それが一番大事。

 

愛されてなかったと感じたのです。

 

その子どもの頃の自分。

 

大事にしてあげてほしい。

 

見てあげてほしい。

 

悲しかったね、、、って、

 

声をかけてあげてほしい。

 

そしたら、

 

 

人生に

 

ブレイクスルー

 

が、起きます。

 

これが

 

自己受容です。

 

 

 

親に、

 

「私はずっと悲しかったんだ!バッキャロー!」

 

 

と、言った方がいい。

 

感謝の言葉の前に、

 

やること、

 

ありますよ。

 

f:id:kuniikatsuhiro921:20170813102858p:image