読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントの自分と 生きてくブログ ~自己受容メソッド~ くにい かつひろ

子どもに本当の自己肯定感をつけさせたい。生きづらさを抱えている様々な人たちに本当の自己肯定感をつけてもらいたい。職場の部下の自己肯定感を高めて、やる気をもって仕事に取り組んでもらいたい。すべての人たちが、本来の活き活きとした自分の人生をスタートさせる方法『自己受容メソッド』。それを書き綴っています。『自己受容』をしていくと、人生にとんでもない革命が起こる。。。自分の奥底にある感情こそが、本来の自分の生き方への道しるべ。

最高の育児方法は、自分の感情が知っている。

f:id:kuniikatsuhiro921:20170524195013j:image

 

 

子どもに幸せになってもらいたい。

 

そう願わない親は、ほぼいないと思います。

 

そのために、いろんな育児方法があると思います。

 

今はネットもあるので、様々な育児ノウハウ、育児Q&Aなど、

ものすごい量がありますね。

 

その中で、自分の育児にどのノウハウを取り入れようかと

悩むことがあると思います。

 

その中で、僕がおすすめする育児方法は、

「これです!」

と、、、、

 

おすすめしません(笑)

 

 

ぼくがおすすめするのは、

 

 

「自分の感情を大切にする育児」

 

です。

 

我が家の子どもたちはドイツのシュタイナー教育を基にした学校に通っています。

 

それに、

 

アドラー心理学がぼくは大好きなので、

 

アドラー流の子育ても刺激的で、とても参考になるなと感じています。

 

ぼくが大学生の時は、児童福祉を専攻していたので、

子どもの心理ケアなどについて、とても興味があり、

発達障害や、情緒障害、愛着障害不登校

虐待された子どもたちのことなどをたくさん勉強し、

そんな子どもたちと、かかわり、

寝食をともにし、

メンタルケアにたずさわってきました。

(今までかかわってきた子どもの実人数を数えると、400人を超えてました。)

 

それら全部ひっくるめて

 

今我が家のこども3人と

ぼくのパートナーの子ども3人

 

計6人の子どもと向き合っているわけですが、

 

ぼくが子育てで大事にしているのは、

 

誰でもない

 

「自分の感情」です。

 

いろいろな育児方法があり、

育児書も結構我が家にありますが、

 

これを見てて陥るだろうなと思うのが、

 

 

育児ノウハウ > 自分の感情

 

 

となり、自分の感情よりも、

育児ノウハウを上にし、優先してしまうだろうな、ということです。

 

例えば、

 

「砂糖は3歳まで摂るのはよくない」

 

というノウハウがあったときに、

 

「・・・・そうなんだ!」

 

と思い、その通りにやる人がいると思うのですが、

 

その時に、

 

自分の感情は、そのノウハウについて、

 

ホントのホントの本当は、どう感じているか、

ということが非常に重要だと思っています。

 

自分の感情として、

 

「たしかに、3歳まで砂糖を摂らないほうが、子どもにとって絶対に良い。心からそう思う。」

 

と感じていれば、良いと思いますが、

 

知識として入ってきたものを、そのまま鵜呑みにして、

自分の感情としては、砂糖を使ったおいしいものを子どもと一緒に

楽しみたいと感じているのに、

それを押し殺して

子どもの前では、砂糖の存在がないかのように生活する。

 

これは、

自分の感情を無視している、

ということになると思います。

 

すると、

 

気づくと、

 

旦那にチクチク小言が多くなったり、

 

子どもへの言葉かけがとげとげしくなったり

 

日々なにやらイライラする、

 

といった感じで、

以前のブログでも書きましたが、

 

 

kuniikatsuhiro921.hatenablog.com

 

 

自分の感情を抱えきれず

アクティングアウトしてしまうわけです。

感情が漏れ出す。

 

自分の感情をちゃんと見て、

砂糖を食べさせない生活で、

とてもキモチがいい、

このやり方こそ、子どもの幸せにつながる。

 

そう感じられるなら、その方法をやるべきだと思います。

 

その時は、

 

育児ノウハウ ≦ 自分の感情

 

となっていて、

育児理論と、自分の感情がマッチしていて、

良い子育てにつながると思います。

 

ノウハウありきではなく、

感情が伴うことで、

そのノウハウも活きてくる。

 

ということです。

 

だから、ぼく的には、

 

 

自分的育児  ノウハウ(シュタイナー、アドラー、etc

 

みたいなバランスが良いと思ってます。

 

自分の感覚、センス、感情こそが

 

あなたの本来的な、素晴らしい育児への道しるべです。

 

 

そう

 

 

自分、、、信じよう。

 

 

 

 

 

あなたの感情こそが

 

一番良い育児ノウハウを知ってます。

 

 

 

そして、自分の感情を大切にすることが、

 

子どもの「本当の自己肯定感」をはぐくむことに

 

根本的につながります。

 

それは、またいつか記事に書きますね。

 

今日はこのあたりで。

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、トキさん、

 

ぼくは、協力してますよ(笑)

 

モチベーション上がったのに失速する理由

f:id:kuniikatsuhiro921:20170513080224j:image

 

セミナー行って

ものすごくテンション上がって

やる気になって

 

「おれが世界を変える!」

 

とか思って

モチベーション上がりまくった

その勢いで

いろいろ動いてみるんだけど

 

なんだか急に失速。。。

 

そして、セミナー行く前の

元の自分に戻ってる。

 

そんな経験ないですか?

 

 

他にも

テレビの超感動的なドキュメンタリーを

見たりして

 

「おれもこの社長みたいに素晴らしいビジネスを作って、いろんな人に喜んでもらうぞ!」

 

とか

 

「世の中にはこんなに不幸な子どもたちがいるんだ。自分にもできることがあるはず!やってみる!」

 

 

動き出したものの

 

やっぱり失速。。。

 

という経験もありませんか?

 

 

これ

すんごいよくありますよね

 

作家の本田健さんは

自身のネットラジオ

(ポッドキャスト)の中で

 

「瞬間湯沸かし器のような

一気に上がるモチベーションは

本物じゃなくて、

もっとジワっとゆっくり上がる

モチベーションが

本物のモチベーションです」

 

と言ってました。

 

 

 

なるほど。

 

 

と、思いつつ、

 

じゃあ、

それどう使い分ければいいのだろう?

 

と、ずっと疑問でした。。。

 

 

そして先ほどちょっと思いついたので、

メモがてら、ブログにします。

 

 

その2つのモチベーションの上がり方の

違いを、

 

自己盲目ワクワク

 

 

自己受容ワクワク

 

と、名付けました。

 

 

自己盲目ワクワク

というのは

 

自分のホントの感情を見ずに

自分ではない何かになろうとして

「おれにはなんだってできる!」

という、

全能感

にとりつかれて

ワクワクしている状態です。

 

全能感というのは、

自分の力や、感情や、現実の姿を

無視して、

「自分にはなんだってできる」

と思ってしまうことです。

 

これを

全能感幻想

と言ったりします。

 

現代人はこれにとりつかれている人が

多いと、心理学者や社会学者が

指摘しています。

 

それとは反対の

 

自己受容ワクワク

というのは

 

自分の能力

自分の現在地

自分の感情

自分の弱さ

自分の限界

 

というのを

無視することなく

否定することなく

 

そんな自分とちゃんと向き合い、

見定めながら

 

そんな自分でも、

一歩一歩、確実に進むことができれば

ぼくならきっとできる

 

そういう

 

静かな自信

に包まれている状態です。

 

これを

自己受容ワクワク

と名付けました。

 

 

これに気づいたのは

ついさっきなんですが(笑)

 

ぼくはここ2年数ヶ月ほど

個人で一対一のセッションを

始めてました。

 

その中で

クライアントさん(お客さんのことです)

とセッションを終えた後、

劇的に人生が変わる人が何人かいて、

 

その

 

劇的に人生が変わる人には

共通する点がある。

 

ということにさっき気づきました。

 

それは

 

セッションが終わった後に

 

、、、なんか穏やかにモチベーション上がってる。。。

 

いやむしろ

 

、、、やる前より

元気なくなってない??(笑)

 

みたいな人が、

ドンドン人生変わってたりしました。

 

起業したり

会社辞めたり

転職したり

離婚したり

パートナーができたり

収入がかなり上がったり。。。

 

ものすごくハイテンションになって

終わる人もとてもいい感じに

なるのですが、

なんかあの静けさで終わってたのに

という、のちほどのギャップに

驚かされてました。

 

それには上記の

 

自己受容ワクワク

自己盲目ワクワク

 

の違いがあったのだと思います。

 

 

この違いを実感する出来事が

自分自身にも起きました。

 

先日、とても行きたい!と思っていた

品川で開催されたセミナーに

参加したときのことです。

 

その講師の方が主催する塾があって

その紹介がありました。

自分には結構高額だったんですが、

 

あ、、、、

これ、人生絶対変わる。

 

と思えて、

迷いも何もなく

 

モチベーションが

全く高まることもなく

 

即決。

 

してました。

 

 同じタイプの高額塾のお誘いセミナー、

いくつも見てたので

 

またこれか。。。

 

ともなんとも思わず。

 

そして

実はまだその塾始まってないんですが、

自分で動き初めてて

すでにいろいろと

人生が変わり始めてます。

 

まだ始まってもいないのに、

自分からふつふつとしたワクワクが

湧き出てくるのを感じていて

なんか動いてます。

 

こういうときの

ぼくの身体的特徴は

食べ物があまりいらなくなる

ということです。

不思議なことに。

 

少量で満足。

 

普段は、食によって

足りない満足感を

満たしているのかもしれません。

 

「くにいがあやしい高額セミナーに
はまってしまったぞ!」

 

と思われても全然いい(笑)

 

とにかく

勉強して

発信したい。

 

みたいな感じです。

 

 

この状態を20世紀を代表する心理学者

ミハエル・チクセントミハイ

 

「フロー体験」

 

と呼びました。

 

このフロー状態は

 

マリオのスター状態が

続いちゃってる

 

みたいな感じで、

 

子どもにたくさん

体験させたいものとして

ぼくがかんがえていることです。

 

フローについては、またいつか書くかもしれません。

 

長くなりました。

 

まとめると、

 

 

 ワクワクには2つのワクワクがあって

 

 

自己受容ワクワク

 

 

自己盲目ワクワク

 

があり、

 

自己盲目ワクワクに

はまらないようにして、

 

自己受容ワクワクに

つながると良い!

 

ということでした。

 

 f:id:kuniikatsuhiro921:20170513120435p:image

 

ここまで読んでいただき、

 

ありがとうございました!

 

ガマンしたって、いつかは必ず漏れるんです!

 f:id:kuniikatsuhiro921:20170512060604j:image

 

自分さえガマンすれば、

 

とりあえずスムーズに事が運ぶ。

 

そう考えて、自分がガマンする。

 

 


例えば、 

 

子どもの世話でものすごく忙しくて大変なお母さんが

 

夫に食器洗いだけでもお願いしたいけど、

 

たぶん、夫はイライラするかもしれないから、

 

しょうがない、自分がやった方がいい、

 

イライラされた方が、


あとがめんどい、

 

そう思い、慌てて食器洗いをやる(しかもそんなときに皿を割ってしまう)

 

 

 

例えば、

 

仕事で疲れていて、

 

この土曜の午前中だけは、

 

ゆっくり眠っていたい、という気持ちだけれども、

 

妻もこの平日自分の時間を作れずに

 

家事育児に追われていることを考えると、

 

とりあえず自分がガマンして

 

妻の買い物の荷物持ちをかってでる。

 

 


このどちらも、

 

良い奥さん

良いダンナ

 

 

こういった行動の選択のしかた、選択する基準というのは

 

非常にありがちだと思います。

 


とりあえず、自分がガマンすることで、

 

周りをスムーズにいかせてあげる。

 


これができる人たちは

 

とてもやさしい、と思います。

 


でも、その時、自分の感情を大切にできていないため、

 

心の奥底では、

 

大切にしてもらえていない自分の感情が

 

うずいてます。

 

 


だからいつか、その感情が

 

漏れ出てきます。

 

見ないでいると

 

漏れ出る。

 

 


それを

 

「アクティングアウト」

 

と言います。


自分で抱えきれない感情は

 

「アウト」します。

 

外に出てきてしまう。

 

 


それが他人に向かう場合、

 

・子どもを怒鳴ってしまったり

 

・旦那への言葉が、なにやらきつくなってしまったり、

 

・妻の家事に対しての、チクチクとした指摘がエスカレートしたり

します。

 


アクティングアウトが自分に向く場合、

 

・大酒を飲んでしまったり、

 

・パチンコにつぎ込むお金が大きくなったり、

 

・大食いをしてしまったり

 

・夜中のアイスクリームが3個になってしまったり、

 

・明け方までゲームをしてしまったり、

 

自傷するように、自分を追い込んでしまったりします。

 

 

 

これら、どれもが、

 

「自分のホントの感情を見ないでいた」

 

ために起きてることなんですね。

 

 


ぼくでいうと、

 

本当は、家で家事をやりながら、

 

大好きな音楽をかけたかった。

 

好きなドラクエとか、ファイナルファンタジー

 

オーケストラバージョンの音楽をかけながら、

 

洗濯物を干したかった。

 


でも、

 

きっと、元嫁は、いやな顔するだろうという

 

『勝手な思い込み』

 

で、

 

自分の感情を見ないようにしてました。

 

 


そして、

 

夜な夜な起きてきて、

 

発泡酒麦とホップ)と、カラムーチョとバタピー、

 

で気持ちよくなる、、

 

 

・・・・・・で終わるはずが、


ワインを開け、

 

パスタを茹ではじめ、

 

料理酒にまで手が伸び始めたら


これは完全に

 

『アクティングアウト呑み!」

 

ですね。

 


気持ちよく飲める時と

 

飲み方が全然違う。

 

 

ということです。

 

 

オ〇シッコについて考えてみると、わかりやすいです。

 

人類が始まって以来

 

オ〇シッコをガマンしまくったところで、 

漏れなかった人はいないでしょう。

 

いつかは必ず、漏れ出ていたはずです。

 

 

それと同じ原理です。

 

 


だから、


自分のホントの感情は


見てあげよう


ガマンはしなくていい。

 

 


ぼくの中での「ガマン」の定義は、


『自分の感情を見ないようにすること』


です。


これがガマン。

 


ガマンすることで、

 

自分をあとまわしにできます。

 


周りの人が、自分を優先できます。


他人を優先してあげられる、

 

やさしい人たちです。

 

でも、

 

いつかその感情


漏れるぜよ!

 

 f:id:kuniikatsuhiro921:20170512060618p:image

 

 

 

ブログタイトル変えました。

f:id:kuniikatsuhiro921:20170504213519p:image

 

 ブログのタイトルを変えました。

 

前のブログタイトルは

 

『リアリティを突き詰めればつきつめるほど、自分にやさしい』

 

でした。

 

リアリティというのは、「現実」ということですね。

 

自分の現実の姿

 

自分が認められない自分の本当の姿

 

ださくて

 

弱くて

 

卑怯で

 

ちっさくて

 

という見たくない自分を

 

突き詰めて見ていくことで

 

現実の自分と出会う。

 

そして、

 

「あ~、これこそが僕だ・・・」

 

と受け容れられるようになると、

 

何とも言えない

 

安心感が生まれる

 

と感じてます。

 

そうすると、おどろくようなやさしさが出てきて、

 

 

周りの人にやさしくなれる、

 

 

ということです。

 

 

このやさしさとつながることを

 

広げていきたい、

 

 

 

そう思ってました。

 

そのことを伝えていきたくて、

 

『リアリティを突き詰めればつきめるほど、自分にやさしい』

 

というブログタイトルでやっていましたが、、、、

 

 

「・・・・・わかりづらいわ!」

 

 

と思いまして、離婚もしたし、(なんのこっちゃ)

 

ブログのタイトル、かえます。

 

 

で、

 

 

「ホントの自分と 生きてくブログ」

 

 

にします。

 

ホントの自分を見ないようにして生きている人たちは

 

きっと、自分でも気づかないレベルで

 

ガマンしてます。

 

ガマンして、他人を優先してあげられる

 

やさしい人なんです。

 

でも、

 

それは

 

やっぱり

 

ガマンなんですね。

 

 

ガマンして

 

本当の自分が感じているキモチを

 

見ないでいると

 

いつか必ず

 

その見てもらえてないキモチが

 

漏れ出てきます。

 

 

その時に、

 

周りの人や

 

自分に対して

 

よからぬ攻撃を加えてしまいます。

 

 

そうではなく、

 

認めたくない自分の気持ちと

 

出会って、

 

ホントの自分と生きていく。

 

 

「自分がガマンすればいい」と思っている人

 

 

そんな人が

 

ありえないくらい、

おもしろく、

たのしい

しあわせな人生を

スタートさせる

 

そんなことを見ていきたいです。

 

そのヒントとなることを

このブログには

書いていきたいと思ってます。

 

おふざけテイストを盛り込みながら。

 

実際

 

自分が気づかないレベルで我慢してきたことと

向き合うことというのは

 

なかなか深い体験になって、

しみじみとした感覚にひたることになります。

 

そして、

 

そのあとの動きには

 

笑い

 

が超効果的だと思っているので、

 

それも織り交ぜていきます。

 

 

 

このブログを見て

 

心がホッとなってくれる人が

 

出てくるなら、

 

本当にうれしいです。

 

 

 

 

ホントの自分を見つけてしまうと、、、、、

 

けっこうありえないことが起きます

 

 

kuniikatsuhiro921.hatenablog.com

 

この人みたいにね(笑)

 

 

では、

 

これからは、

 

ホントの自分と 生きてくブログ

 

よろしくお願いします。

 

 

自己受容メソッド くにいかつひろ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くにい夫婦 結婚生活を 卒業します。〜自己受容は取り扱い注意!人生に大転換起きちゃいます〜

f:id:kuniikatsuhiro921:20170501081109j:image

本当に本当の本当。

根っこにいる自分の本当の気持ち。

そことしっかりつながることができると
人生に本質的な変化、大転換が
起きてしまいますね

自分の本当の気持ち

向き合いたくない

見たくない

認めたくない

避けておきたい

フタをしておきたい

そんな自分の本当の気持ち

それを探して向き合っていくことを

ぼくは自己受容という方法で
ずっとやって来ました。


そして、

5ヶ月前の28年12月から

自己受容メソッドを繰り返し繰り返し
自分で実践してきた結果。

見事に


離婚しました!(笑)


だー

きたわー

自己受容おそるべし。。。

取り扱い注意だわ。。。



ことの発端は、

ブログの過去の記事にもありますが、

夫婦お互いが新たなパートナーを見つける
婚外恋愛
というのは、いかなるものか、

とか

ポリアモリーという
複数恋愛の在り方

などもいろいろと調べて、

ぼくら

くにい夫婦として

良い形はどんなものかと

模索してきました。

ぼくらのどちらかに好きな人ができても

それはしょうがないことだよね、
と話しながら進めていきました。

そんな中

嫁に好きなひとができました。


これを聞いたときはですね。。。




うーー、、、やっぱりキツイ!!

となりました。

当たり前ですね(笑)

胸がかなり苦しくなりましたが

自分の胸の痛み、
ズキズキ感をしっかり味わい

かなり苦しい、と嫁に伝えたり

自分に、
「うん、やっぱりつらいよ。つらいって感じていいよ。わからなかったよね。大丈夫。」

と声をかけていくことで、少しずつ受け容れられるようになりました。

そして、

とりあえず嫁に好きな人ができた
という事実は

引き受けられました。

心の中で

よかった!
うれしい!

という気持ちになりました。



ですが、

嫁とその彼との 関係が進むにつれて、


、、、やっぱつらい。。。


が出てきました。

本当に苦しくなって、

ご飯食べられないわ

夜ねむれないわ

となりました。

 


食欲ない!?
これは、断食のチャンス!

と思い、年末から年明けにかけて、
5日半の断食を、謎にやり遂げました。

6キロ減量!

食欲のつらさがなかったので、「棚ぼた断食」とぼくは呼んでます(笑)

それはともかく
なんとか、自分の気持ちを落ち着けたくて、

彼に直接会って話しをしたり、

嫁とも毎晩話し合ったりしてましたが、

なかなかおさまらない。

そう、ぼくは大きな間違いをしてました。

それは

嫁に好きな人ができることを受け容れられる男になりたい

という思いだったんです。

自分の本当の感情は無視して

器の大きい男になりたい

新しいパートナーシップの形を作りたい

と考えてしまっていました。

大失敗ですね。

本当は

嫁が他の男のところに行くのは嫌だ!

という、
まぁいたって普通の気持ちがぼくの本当の感情でした。

なかなかそれを認められなかったのですが、

もう諦めようと思い、

その気持ちを嫁にも彼にも伝えたか、
伝える前だったか、

そんな時期に、

嫁は彼から、
なんと振られます。

ちょっとここで、ホッとするのですが、
だからと言って、嫁が自分の元に戻ってくる可能性はゼロだとわかっていたので、問題が引き延ばしになっただけだとわかってました。

案の定、嫁は、ぼくとの未来は、やっぱり考えられない、と言ってました。

それはそうだろう。

だってぼくも本当のところは

嫁と一緒に暮らし続けたいわけではなかったからです。

そうなんです。

実は2年ほど前から、

「嫁ではない、違う人に
ぼくのパートナーになってもらいたい。
違う人に子どもたちのお母さんになってもらいたい。」

こんな思いを

本気で持ってました。


心の中で

ぼくは、妻としての嫁の姿を

心のどこかで

とてもとても否定してました

子どもたちにとってのお母さんとしての、
嫁のことを

ものすごく否定してました。


違う妻

違うお母さん(子どもにとっての)

が良い。

こんなこと、望んでました。

そして、その望みが頭の中に浮かぶたびに

無視し続けてきました。

「そんなこと考えるのは、ひどい夫だ。」

「嫁だっていいところあるじゃないか。」

そんな思考で、
頭に浮かぶ

違う嫁プリーズ

をかき消していました。

でも、嫁のこと心の奥底で否定してるので、

無意識に表情や態度で、
嫁を否定し続けてたはずです。

嫁もそれを感じてたようです。

そんな否定し続ける2年ほど過ごした結果、

嫁は違う人のことを好きになった。

。。。。

そらそうだ。

まぁ自業自得。

、、、、

話は戻ります。



嫁は戻ってくるわけないし、

そもそもぼくは嫁と一緒に暮らしたいと思っていない、
ということは頭ではわかってるのですが、

どうにも嫁への執着が出てくる。

嫁への依存心が抜けず、日々嫁を失うことへのしんどさが出てくる。

といった感じで、もうどうしようもない、と思い、

「もう、、、、次だ!次!」

と決心します。

次の女性!

嫁なんかとは違う別の女性!


「こ〜こではない〜 ど〜こ〜か〜へと〜♫」by GLAY (函館出身)

「よ〜めではない〜 ど〜こ〜か〜の娘(こ)〜♫」by くにい (嫁が函館出身)

 


決心します。

フェイスブックの友達(400くらい)

連絡帳の友達(300くらい)



かたっぱしから見直し

素敵な女性をリスト化し

素敵だと感じる女性たちに声をかけてみようと思いたちます(笑)

そのくらいせっぱつまってたわけですね。くにいくんは。

で実際に

厳選された、くにいが感じる素敵な女性リストが完成しました!(笑)



その女性たちに

旧友を温めるかのごとく

メールやメッセージを送りつけました(笑)

そして、

その結果

なにも生まれませんでした(笑)

当たり前だわ

そんな動きをまるっとすべて

実は嫁に話してます

二人で仲良く話しながら、日々語ってました。

そんな話の中、嫁からもいろいろと
「あの人とかどう?」



謎の女性斡旋


を受けてました(笑)

 

嫁からですよ(笑)


その中で、

Aさんの名前があがりました。


Aさん、、、


Aさん、、、、、



あー!

いい!

前にぼくのブログについて、すごくうれしいこと言ってくれてた!

でも、旦那さんいるよね?

と聞いたら、事実婚だったらしく、それにもう離れて暮らしていて、シングルマザーとのこと。


そうだったんだ。。。

よし。と思い、連絡してみました。

すると、Aさんから、ぼくの嫁ともお友達だから、2人で話すのとか抵抗あります、と連絡が来ます。

当然ですね。

そこでぼくからは、嫁とはもう近く離婚しますし、
嫁には好きな方もいます、
そして、嫁もぼくとAさんが2人で話すこととか知ってます。
(というか、嫁がけしかけてたりする(笑))
とお伝えすると、
離婚することに、とてもショックを受けていました。

そうですね。

子どもは3人とも自宅出産で、3人目なんかは、助産師も呼ばず、ぼくがお風呂で取り上げました。

育休も2ヶ月とったし。

長女出産後、嫁は産後のケアで4日くらい寝たきりで過ごすことが望ましいということで、その間トイレに行けないので、

嫁のオムツ交換

してましたからね。

そんな話はしてませんが、
仲良いと思ってくれてたようで、
ショックだったようです。

 

 


まあ、、、、

 


仲は良いのです。
ぼくら夫婦は。

 


日々話しあってます。

でも、

パートナーとしては、お互い、あなたではない

ということ。


「チェンジ!」 by オバマ


「チェンジ!」 by くにい 嫁に対して


「チェンジ!」 by デリヘルで来た女性が気にくわない時に熟練者が使用する専門用語


ということなんです。

そして、お話しする機会を作っていき、
だんだんAさんと気持ちが通じはじめると、

嫁への執着心が少しずつ薄れていくのを感じられました。

そうなんです。

ぼくはAさんのこと

好きになりました。


そうこうしてるうちに、

嫁が乗ってた車が雪道でスリップして、
結構大きな交通事故になってしまいます。

車は廃車になり、嫁も運転する怖さからしばらく運転はできないという話しになりました。

うちの子は私立の小学校に通っていて、車での送迎が必須だったため、これはどうしていこう、、、、と悩むことになるのですが、

そうか。Aさんと暮らしながら、子どもの送迎もシェアしながら暮らそう!

ということを思いたちます。

Aさんも同じ学校に子どもを通わせていたため、それが可能でした。

嫁はぜひAさんとも一緒に暮らしたい、と思ってました。
ぼくもです。
Aさんも協力したいと言ってくれました。

そして、双方の子どもたちがどう感じるかということが問題でした。

特に、Aさんの長女は中2でした。

以前Aさんは、
長女「私が成人するまで絶対に男は作らないで!」
と長女に宣言されていました。

ですが、
Aさんは絶対に説得してみる。
と言いました。

もし反対されても、

「だって、どうしても一緒に暮らしたいんだ」

と言う、と言ってくれました。

このころには、まだとても短い期間なのですが、
ぼくもAさんも
お互いのこと、とても好きなんだ、ということに気づいていて、確認をしてました。

それも

嫁に全て話してました。

嫁は

とても喜んでくれていました。

すごいことです。

嫁もその頃、Aさんと2人で話す時間を、連日作ってました。

それこそ、
Aさんが、
「やっぱり、○○○ちゃん(嫁のこと)のこと気になるから、止めようと思う」

と嫁に話した時も、

嫁「いや、早まらないで!時間かけてちゃんと彼のこと知ってみて!」

と言ってくれてたそうです。

これを聞いた時はちょっと泣きそうになりました。

手探りの中、進んでいきましたが、

Aさんの長女には、ぼくとの仲についても、くにい家の離婚のことも伝えました。

「あー!○○ちゃん(ぼくの長女のこと)のお父さん!」

と爆笑だったらしく、馴れ初めをいろいろと聞いてきて、一緒に暮らすこと、オーケー出ました!

Aさんには他に、
7歳の女の子
3歳の男の子

うちには
9歳の女の子
6歳の女の子
1歳の男の子

がいます。

その子たちにも一緒に暮らすことを説明しました。

「やったー!お母さんが2人になるー!」

と大興奮(笑)

(ちなみに、離婚については、その1カ月後くらいに子どもたちに伝えました。そのエピソードはいつか別の機会に書くかもしれません)

そして、学校が春休みに入ってから

くにい家


9歳 女の子
6歳 女の子
1歳 男の子

Aさん家
Aさん
13歳 女の子
7歳 女の子
3歳 男の子

大人3人
子ども6人

合計9人の共同生活が始まりました。

そして

お互いの両親に説明をしにいき、

3月の後半には

正式に離婚しました。

最近2歳になった、一番下の息子は嫁の方の籍に

うえの女の子2人は
ぼくの方の籍に入りました。

元嫁と息子は、今は、近くの公営住宅に引っ越しました。

ですが、今も一緒に夕飯食べたり、
息子がうちに泊まったりしてます。

それに、

Aさんの元パートナーの彼も
何度か自分の子どもたちと遊びに来てくれていて、
ぼくの子どもたちともたくさん遊んでくれたり、
先日はぼくが、彼の子どもを彼の家まで預けに行ったりしてます。
これは定期的にやっていこうと話してます。

また、

結果、振られたような形になったのですが、今も元嫁が好きになった彼とは、仕事などでも繋がっていて、

今度、彼も含めて、先ほど書いた9人と
彼と合計10人で、花見をしよう(北海道の桜の見頃はGW中です)という話しになってます。

先日は、
その彼の誕生日を
ぼくと
元嫁と
Aさんの3人で
「生誕祭」と称して
飲みつつ、祝ってました。



そんな形で

人生が展開していきました。

完璧に順風満帆というわけではなく、

いろいろな気持ちが生まれては
話し合う。

そんな歩みです。

子どもたちも、
幸せそうな時、
爆笑してる時、
落ち着かない時、
不安定な時、

全てあります。

子どもたちには
普通の家庭とは違う生活を、経験させることになりました。
それがどう影響するかは、全くわかりません。

今は、日々楽しそうに過ごしているものの、
いつか僕らは恨まれるかもしれません。

でも、それも引き受けようと思ってます。

僕らは

夫婦が無理して、苦しんで、我慢しながらでも、両親そろって生活をするのではなく

夫も妻も、自分の本当の感情を大切にして、きちんと幸せに生きる選択をした先にこそ、

その先にこそ、

子どもたちの本当の幸せがあるはず

お父さん、お母さんが自己犠牲している上に、ようやく成り立つ家庭で過ごすよりも

毎日一緒に寝起きするわけでなくとも、活き活きと生きているお父さんお母さんの姿を見ながら、いつも会えない親にたまに会う時には、たくさん自分のことを愛してくれる。

そんな、お父さん、お母さん。

そんな生き方をしよう、と決めました。

そう考えて、この結論に至りました。

周りの反応は本当に様々です。

共感してくれる人

激励してくれる人

感動してくれる人

理解できない、と正直に伝えてくれる人

もう会うことはできない、という気持ちを伝えてくれた人もいました。

これがぼくらが選んだ生き方です。

試行錯誤ですが

何か晴れやかな気持ちです。

自己受容し続けることは、
人生に大きな変化を起こす時があります。

でも、
それこそが、
これこそが

ぼく本来の生き方

なんだと思います。

自分の感情こそが
自分らしい生き方への

道しるべ

そう感じています。


とても長い記事

最後まで読んでいただき、

本当にありがとうございます。

f:id:kuniikatsuhiro921:20170501081109j:image
生誕祭!

子どもの行動を見てイヤ〜な気持ちがしたら、それチャンスです!

f:id:kuniikatsuhiro921:20170122024528j:image

 

 子どもの言葉や、行動で、

 

なんかイヤな感じがする、、、、

 

という経験、ないですか?

 

まぁ、絶対にありますよね。

 

子育てしてれば、子どもの言葉や行動にイライラさせられるし、傷つけられるのは避けられないです。

 

そうなんだよなぁ

 

子どもを産むこととか、育児することとか、子どもや赤ちゃんと関わることを、避けたり、恐怖に感じるのって、

 

自分の子育て能力と向き合うのが怖かったり

 

そこで出てくる感情と向き合いたくない

 

というのが、ありますね。

 

子育てって

 

子どもに傷つけられること前提で始める必要がありますよね。

 

だから大変ですね。

 

子どもの行動を見たことにより

自分の中に生まれた感情を見ないようにする。

 

この自分の感情を見ないようにして、

親としてカッコつけてしまうと

 

無意識に子どものことを無視してしまったり

 

拒絶してしまったりしますよね。

 

ぼくはそうなります。

 

これはイヤな自分を見ないようにすることなんだと思います。

 

例えば

 

次女は6歳なのですが

 

なぜか作り笑いをする時があります。

 

それを見るとき、ぼくはとてもイヤ〜な気持ちになります。

 

なんでイヤ〜な気持ちになるかを深堀りしてみたので、それを以下に書いてみます。

 

そういう時にぼくがよく使うのが

 

「なぜ5連発」

 

です。

 

次女の「つくり笑い」を見ると、イヤ〜な気持ちになる

 

     ↓     なんで?

 

ぼくは普段「つくり笑い」をしないようにしてるから、それをしているのを見るのがツライ

 

     ↓      なんで?

 

「つくり笑い」をすると疲れてしまうのがわかるから

 

    ↓    なんで?

 

人から好かれようとして「つくり笑い」していると思うから

 

    ↓     なんで?

 

笑顔の方が嫌われないから

 

    ↓    なんで?

 

無表情の人を見ると、不機嫌そうに見えて感じが悪いと思ってしまう。

だから、人から「カンジがいい人」と思われたくて、「つくり笑い」をしてしまう

 

    ↓    なんで?

 

人から好かれる自分を作っていないと、

人と接することができない

 

    ↓    なんで?

 

嫌われることがコワイから

 

 

なぜ、7連発になりましたが

随分深いとこまで掘り下がりました。

 

(ここまで、全部ノートに書きながら進めました)

 

そして、出てきたのは、、、、

 

 

嫌われるのがコワイ自分

 

でした。

 

そして、次に、出てきた7つを通して見てみました。

 

それを見比べて、ぼくが感じたのは、

 

無表情でいる自分にOK出せてない

 

、、、、、でした。

 

すごい。

 

これ、ぼくの核心。

 

無表情で人と接すること

 

 

ものすっごいダメだと思ってます。

 

できません。

 

超〜〜抑圧してますね、ここ。

 

それと

 

人から好かれようとする自分がキライ

 

というのも出てきました。

 

わー。。。

 

これも核心。

 

次女の「つくり笑い」をきっかけに

 

ぼくの核心「2つ」も気づけた。

 

。。。すごいなぁ

 

 

子どもに感謝だなぁ

 

そして、気づけただけでは、まだ終わらせない。

 

この核心二つに

 

OK

 

出しちゃいます。

 

無表情になっていいんだよ

 

人に好かれようとしてもいいんだよ

 

と言ってみました。

 

、、、、、

 

うー

 

 

かなり気持ちがざわつく。

 

言うだけでもざわつく。。。

 

そしたら、もっといいの出てきました。

 

気持ちのままの表情でいいんだよ

 

 

おお!

 

おおお!

 

きました。

 

これこれ。

 

気持ちのままの表情でいいんだよな

 

それでいいんだよ。

 

ぼくが感じる気持ちのまま

 

そのままの表情で生きてればいい

 

そのままの表情で人と会っていい

 

今は、そのままの表情で会うのは正直コワイ

 

そしたら、

 

こわがりながらの表情でもいい

 

いいんだよ

 

そのままでいいんだ。

 

娘よ

 

大いなる気付きをありがとう。

 

 

 

と、

 

この気付きに出会ってから

 

 

 

次女、、、、一度も「つくり笑い」してない、、、、

 

 

今、気づいた。

 

ヤバ。

 

これはすごいなぁ。

 

 

 

最後まで読んでくださり

ありがとうございました。

 

 

世のイクメン諸君へ、、、、自分の本当の声聞いてあげてますか?

f:id:kuniikatsuhiro921:20170129104243j:image

今朝、我が家の庭に来た来訪者の足跡。

 

たぬきかな?キツネかな?

 

夜のうちに、このあたりを動物たちがうごめいている印が、朝まで残っている。

 

なんとも心が豊かになります。

 

子どもたちも、毎朝足跡見つけては「きゃあきゃあ!」うるさく、感動してます。

 

足跡一つで🐾幸せになる子どもたちを見てると、子どもという存在は僕たち大人にとって、とても大事なことを教えてくれている先生だなぁと感じます。

 

何を教えてくれているかというと、

 

今を感じる

 

ということです。

 

 

今でしょ!

って東進ハイスクール林修先生の言葉、流行りましたよね。

2013年の流行語大賞らしいですね。

実はあれ、僕はちょっと苦手でした。

というのも、子どもたちに対して言ってるのだろうけど、「勉強するのは今でしょ!明日に回さないで、今でしょ!」という、、、なんか

ケツ叩き感

が嫌い。

これ流行語になったのって、いろんな場面で使いやすかったのが要因だと思うんです。

掃除やらなきゃな、、、、、

今でしょ。

宿題やらなきゃな、、、、

今でしょ。

学校行きたくないけど、、、、

今でしょ。

仕事どこまでやるかな、、、、、

今でしょ。

もーー

やめていただきたい。

 

この、今でしょ、の活用は、

 

今の感情を見ないようにしてとにかく行動

 

という形です。

 

子どもたちの、「今でしょ 」は、

 

今の感情を感じる

 

ということです。

 

まっ、、、、、、、たく、

 

逆ですね。

 

大人になると、自分が感じている感情というものを

 

驚くほど

 

無視します

 

それは、

 

悲しみの感情に溺れない為

 

とか

 

怒りの感情に振り回されないように

 

するためです。

 

自分の怒りや、悲しさを感じ始めると、それと向き合いたくないから、人を傷つけてしまったり、何もできなくなって動けなくなってしまったり、

 

社会生活に支障をきたす、そんな恐れがあります。

 

他にも、自分の感情を味わうようになると

 

「やっぱり、、、、旦那のことが本気で嫌いだ、、、、離婚するしかない」

 

という、恐ろしい気付きや

 

「この仕事きつすぎる、、、、、会社、辞めるしかない」

 

という、大きな変化が伴う気付きもくっついてきて、

 

かなり不都合な真実に気づいてしまったりしますね

 

他にも

 

向き合いたくない自分と出会ってしまう

 

こともあります。

 

 これ、まさに最近のぼくですね。

 

嫁に自由な時間をたくさんあげよう

だから、仕事以外の時間は子どもたちをできるだけ預かり、

家事もできるだけやり、

嫁に楽しい時間をあげよう。

 

そんなことができる寛容な素晴らしい夫であり、お父さんなんだ、ぼくは、、、、、

 

これ、、、、、、

 

自分のことを良い夫、と思いたいだけでした。

 

心の奥底では

 

自由にしている嫁にイライラしてました。

 

気づかないレベルで我慢してました。

 

嫁がぼくのキモチを全然大事にしてくれてない、ぼくをないがしろにしてると、感じていて、

 

内心

 

無意識化では、

 

嫁を責めてました

 

そんな、ちっさい自分が本当はいました。

 

いたのに、無視してきてしまいました。

 

嫁がぼくのキモチをないがしろにしてたのではなく、

 

ぼくが自分の本当のキモチをないがしろにしてきたのです

 

ギターを弾きたかったら、ギターを弾きたいから子ども見てて、と言えば良かった。

 

サッカー観戦したいなら、そう言えば良かった。

 

前回のワールドカップなんか、日本戦を1試合しか観てない。

 

サッカー好きな自分にはあり得ません。

 

それもこれも、

 

自分は良い夫、と思いたかったから。

嫁にもそうおもってもらいたかったから。

 

これは、ほんっとーーーにダメですね。

 

この根底には、

 

人から嫌われたくない

 

嫌われたら、生きてけない

 

という、ぼくの中にある、大きな大きな刷り込まれた信念があります。

 

人から嫌われないように、反射的に行動し、言葉を発するのです。

 

それを夫婦間にも適用してしまっていました。

 

無意識に。。。

 

 

、、、、、話しをもどします。

 

そうなんです。

 

感情を見てしまうと、

 

出会わないようにしていた自分に出会うことになるのです

 

ぼくの場合は、

 

良い夫と思われたいと思っているちっさい自分。

 

本当は全然寛容ではない自分。

 

これと向き合わなくてはいけません。

 

それは一瞬落ち込むことでもありますし、嫁に話すと、呆れられたりしますが、

 

自分のキモチを見てあげたという結果

 

ほわっとした安心感に包まれました。

 

この感覚、何でしょうね。

 

自分になれた、という安心感。

 

ちっさい自分でも、これが自分なんだ、、、というホッと感。

 

これが必要でした。

 

なので、昨日は、

 

夕食後は、完全に子どもらの入浴、着替え、歯磨き、寝かしつけは完全に任せて、

僕は読みたかった本をたくさん出してきて、4時間ずっと本を読んで、ノートに気づきを書いて、これからやっていきたい勉強会の構想を練ってました。

他にも自分の感情と対話するようなワークを自分で考えてみてノートに書き出して、たくさんの気づきがあって、

 

「あー、、、普通の平日の夜に、こんな充実した時を過ごせるのか、、、」

 

と衝撃を受けました。

 

仕事から帰ったら、反射的に子どもを入浴、寝かしつけ、食器洗い、洗濯、、、、とか、家事育児してたのって、

 

なんか

 

無理してやってたっぽい

 

です。

 

 

、、、、世のイクメン諸君

 

自分の本当の声、、、聞いてあげてますか。

 

良い夫ぶってないですか。

 

自分のキモチ、後回しにしてないですか。

 

自分の本当のキモチ、大切にして、

 

やりたいことやって、自分を満たす時間を作らないと、

 

嫁と子どもを本当に幸せにすることはできないです。

 

下手すると、

 

嫁に嫌われるよ

 

、、、、気をつけなきゃな。