ホントの自分と 生きてくブログ ~自己受容メソッド~ くにい かつひろ

子どもに本当の自己肯定感をつけさせたい。生きづらさを抱えている様々な人たちに本当の自己肯定感をつけてもらいたい。職場の部下の自己肯定感を高めて、やる気をもって仕事に取り組んでもらいたい。すべての人たちが、本来の活き活きとした自分の人生をスタートさせる方法『自己受容メソッド』。それを書き綴っています。『自己受容』をしていくと、人生にとんでもない革命が起こる。。。自分の奥底にある感情こそが、本来の自分の生き方への道しるべ。

ドロップアウトという言葉、まだ生き残ってる?

 ドロップアウト、という言葉があります。

 最近は使われないでしょうか?

 僕が高校の頃はよく目にしてました。
 そして、自分たちを「ドロップアウト組」というような表現で言っていたりしました。
 これがすごく心地良かった(笑)
 
 なぜだろう。
 ドロップアウト組と言っているとき、別に卑屈にはなっていませんでした。
 完全に自分は「負け犬組」だと認識していたし、そう思われても全く構わないと思っていた。
 そして、むしろ、このドロップアウト組の中の方が居心地がいいし、この人たち、好きだ、と思っていた。
 なんか、ドロップアウトのこの状況が、世界の中心だ、と勝手に思っていました。

 話は変わって、僕が小学生の時、団地に住んでいました。そこには、雨風をしのげる建物があったので、ホームレスの人が数人暮らしていました。僕ら小学生は「ルンペン、ルンペン!」と差別用語全開で、からかっていた。
 志村けんにそっくりのホームレスがいて、その人のことを、本当におちょくっていた。
 BB弾のエアガンで狙い撃ちしたり、ダンボールハウスを蹴って全速力で逃げたり。
 この当時の行動は、ホームレス襲撃事件の延長線上の出来事です。
 僕の中にも間違いなくあった。ホームレスを差別する感覚が確実にあった。

 だけど、学校に行かなくなった時に、ホームレスという生き方が「自分の中にある」と感じました。
 普通の生き方を、普通にこなせない。我慢ができない。そうなると、僕の結末は志村けん似のホームレスだ。。。と。。。

 その後、高校2年くらいだったか、実家の近くの運動場で、ホームレスの人と仲良くなった。なにやら楽しげに話して、最後に、ウエハースをくれた。帰りながら、そのウエハースを食べると、ものすごく湿気っていて、一口で噛みきれなかった。包装紙を見ると、賞味期限も1ヶ月前。
 当時は「こんなものをくれたのか(笑)」と思わず噴き出して、内心嬉しくなっていましたが、今思い返すと、なんか泣ける。
 おっちゃんの笑顔がなんか忘れられない。

 僕が通っていた北星学園余市高等学校で、なんか通信がたしかあって、その中で、各先生が「道とは何か」という問いに答えを書いていたものがありました。その中でひとつだけ覚えているものがあって、それは、

 「外れてみると面白い」

 でした。


 改めて、良い学校だったなと、つくづく思う。

 道から外れる。



 引きこもり。

 
 その先にこそ、骨太な人生があるはずだ。
f:id:kuniikatsuhiro921:20150508005725j:image
先日買ったマッチの形のクッキー。

すごいな。