読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントの自分と 生きてくブログ ~自己受容メソッド~ くにい かつひろ

子どもに本当の自己肯定感をつけさせたい。生きづらさを抱えている様々な人たちに本当の自己肯定感をつけてもらいたい。職場の部下の自己肯定感を高めて、やる気をもって仕事に取り組んでもらいたい。すべての人たちが、本来の活き活きとした自分の人生をスタートさせる方法『自己受容メソッド』。それを書き綴っています。『自己受容』をしていくと、人生にとんでもない革命が起こる。。。自分の奥底にある感情こそが、本来の自分の生き方への道しるべ。

この自分で生きていこう。そう思えるようになる方法。

f:id:kuniikatsuhiro921:20161008105304j:image

 

自分でいい。

 

この自分で生きていこう。

 

そう思えた時ってあったかなぁ、と振り返ってみる。

 

 

 

、、、、無かったなぁ。。。

 

 

思えない。

 

自分は、記憶力が悪いから、メモも溜まり放題。

 

言われたことをやろうとして、次の依頼があると、前のことは完全に忘れてる。

 

嫌なことがあると、すぐに逃げたくなる。

 

今日やるべきことを明日に回す。

 

締め切りがギリギリになってようやく取り掛かり、周りを巻き込み迷惑をかけながら、ギリギリセーフで終わらせる。

 

嫁に内緒でドラクエ5のアプリを1800円で買って、コツコツ少しずつやって、レベル40になって、死闘の末、エンディングを迎える。

 

 

 

そんな自分に出会うたび、うんざり。

 

ため息が出る。

 

 

だから、自分のいいとこを探してみる。

 

目の前にいる人には真剣に向き合おうとする。

 

人当たり良く、人に不快な思いをさせないように振る舞える。

 

相手のプライドを傷つけないように、話を進められる。

 

つらい気持ちでいる人に、そのまま寄り添える。

 

ブログを書くと、その文章に喜んでくれる人がいる。

 

職場の機関誌の連載でも、感動してくれた人がいる。

 

子どもたちは、僕のことが大好き。

 

 

 

 

この「いいとこ探し」をやっていくと、

 

 

いいとこが見つかったり、

いいことができてる時は元気になれる。

 

 

 

でも、

 

これは、一時的で、

また嫌な自分が出てくると、身動きができなくなる。

 

とたんに落ち込む。

 

 

この繰り返しでした。

 

本当に。

 

だから、やっぱり、なんかやらないと、

自分に対して、

 

自分すごいね!

 

って、見せつけてあげないと、安心できない。

 

そんな感じでした。

 

だから、何もやらない、できない日は激しく落ち込む。

 

 

本当にどうしたらいいかわからなかった。

 

 

でも、ようやくヒントが見えました。

 

 

それは、

 

 

自己受容です。

 

自分の、いいとこ探し、ではない。

 

自分の

 

ダメなとこ受け容れ

 

これです。

 

 

そして、その方法が少し見えてきました。

 

 

その方法というのは、

 

「感情を受け容れる」

 

ということ。

 

 

 

もうちょっと言い方を変えると、

 

「今感じてることをそのまんま見てあげて、受け容れること」

 

です。

 

だから、

嫁に隠れてビールを一本、二本、三本と開けて行って、パスタを茹で始め、卵を割り、と本格的に夜食を作り始めた自分を見てがっかりしている時に、

 

「そうだよな。飲みたかったんだよな。これからの仕事に対して、先行きすごい不安だし、自分の今の能力と向き合うのがこわいんだよな。それに対して嫁にいろいろ言われるのも、やっぱりつらいんだよな。自分のこと大事にされてない感じ、したよな。だから、飲んじゃったよな。」

 

と、自分に言ってあげるんです。

 

行為と感情は分けます。

 

飲むことという行為は受け容れなくても良くて、

 

飲みたくなってる気持ちを受け容れてあげる。

 

これが自己受容です。

 

これは、自分にだけでなく、他者に対しても大変効果的です。

 

例えば、嫁。

 

例えば、子ども。

 

 

例えば、会社の同僚、上司。

 

親。

 

みんなに適用できます。

 

次回は、長女に対してやってみた、

 

他者受容

 

の記事を書きたいと思います。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。