読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホントの自分と 生きてくブログ ~自己受容メソッド~ くにい かつひろ

子どもに本当の自己肯定感をつけさせたい。生きづらさを抱えている様々な人たちに本当の自己肯定感をつけてもらいたい。職場の部下の自己肯定感を高めて、やる気をもって仕事に取り組んでもらいたい。すべての人たちが、本来の活き活きとした自分の人生をスタートさせる方法『自己受容メソッド』。それを書き綴っています。『自己受容』をしていくと、人生にとんでもない革命が起こる。。。自分の奥底にある感情こそが、本来の自分の生き方への道しるべ。

主婦の偉大さをみんなわかっているか

4月の18日に第3子が生まれました。
その日から、2ヶ月の育休を取得し、現在主夫生活を満喫中です。
満喫、というのは正確な表現ではないですね。
悪戦苦闘です。
世の中の主婦達が神に感じられてきました。
僕の1日のスケジュールは
6:00 起床
     娘の弁当と、お菓子を作る。
     朝食準備、
6:40 子どもらを起こす。着替えさせる。
      子どもらに朝ごはんを食べさせる。
7:40 幼稚園と小学校への送り
9:30 帰宅。
       部屋掃除
       オムツ洗い(布おむつなので)
       洗濯
       洗濯物たたみ
       洗濯物干し
       昼食作り
12:00 昼食
        赤ちゃん沐浴
13:30 娘のお迎えに向けて、家を出る。
       買い出しや、娘の遊びに付き合う。
16:00 帰宅。
        夕食準備
        子どもらをお風呂に入れる
18:00 夕食
        子どもらの歯磨き
        子どもらをパジャマに着替えさせる
        明日の着替えを決める
        絵本を読み聞かせorお話しを聞かせる
20:00 子どもら完全就寝
        夕食の食器、調理器具を洗い、片付け
        翌日のお弁当、おやつの下ごしらえ
        洗濯物や、部屋の片付け、子どもが散乱したものなどの残務処理
23:30 読みたい本を読む。
        ブログ作成
1:00 就寝
 以上です。
 これが特にイレギュラーな予定がない日です。
 ここに、「役場に出生届を出しに行く」や、「冬タイヤ夏タイヤに交換」、「冬物をしまって夏物を出す」「オリーブオイルと黒いりごまが切れたから、急遽スーパー(車で30分)買い出し」などが入ると、たちまち必要最低限の家事すら回らなくなります。
 そこに、娘の遊びに付き合ったり、話を聞く時間を作ったり、咳が出て風邪気味だったりする対処が入ります。
 そして、一日中断続的にランダムに訪れる「オムツ交換」「ゲップ用のたてに抱っこ+背中トントン」「抱っこして部屋を歩き回り寝かせる」の無限ループ。
世のお母さま方。
あんたら神か!
そんなてんてこ舞いな旦那を満足気に嫁は見ています(笑)
主婦のしんどさ、偉大さを育休1ヶ月で痛感。
イリイチ、という人が「シャドウワーク」というのを提唱していて、主婦の家事労働などは、金銭を生まないが、だれかが担わなくては家庭機能を維持できないもので、旦那が金銭を生み出す労働をする上で欠くことのできないものだ、と言っています。
 シャドウワーク。大切、かつハードだ。
 世のお父さん方は感謝すべき。
 そして、シングルの方の大変さは想像を絶するものがあります。
 育休をして、主夫生活をしてみるのは、嫁のことを本気でねぎらえる良い機会になりますね。育休の最大意義はそれかもしれない。その後の夫婦関係にとても良い影響を与えると思う。
 現在、やりたい予定が回らなすぎなので、毎日時系列の予定表を手書きで作成。
 前日に翌日の予定を作成して、やれることの効率化&失念防止を図っています。
 これは、昨年から仕事の効率化のために導入したもので、シャドウワークにも応用できました。
 長くなってしまった。
 とりあえず、お母さん方は、「ネ申」ということで。
f:id:kuniikatsuhiro921:20150521005429j:image
ゴールデンウイーク中に開催した、妻のお店でのイベント、
「フランスのかわいい物展」です。